農作業日誌

サクランボ

コルト佐藤錦、収穫近し。 もう少し着色が進んで欲しいところです。

りんご、満開

りんごの花が満開です。 ただ風が強くてミツバチはあまり活躍できていない模様。

りんご、人工受粉

本日快晴、風もなし。 りんごの人工受粉をしています。

りんご開花

りんご樹、開花始めです。 当初生態が進んでいたため4月中の開花になると予想していましたが、4月の気温が低温傾向で推移したため予想より遅くなりました。 あまり開花が早くなくてかえって良かったです。

桃あかつき、満開

桃のあかつきが満開。 川中島白桃は8分咲くらいです。

さくらんぼ満開

佐藤錦、満開です。 紅秀峰は満開を過ぎました。

梅、満開

当園の梅が満開です。 今月半ば頃から寒く雨模様の不安定な天候です。

積雪

彼岸入り。 昨日数センチの積雪ありました。今シーズン最後の積雪になるかもしれません、暖かいのですぐ消えるとおもいます。

リンゴ園地の様子

2月中旬から畑にでて剪定(枝刈)スタートです。 今シーズンは2回まとまった降雪がありました。春先の土壌水分を考えるとあと1回雪が欲しい気がします。

りんごの樹

12月にはいり、葉っぱが緑色から褐色になってきました。 11月の収穫期まで精一杯頑張っていましたが、収穫を終えるとともに、変色してきました。

リンゴもぎ終了

ようやく今日の午前中でリンゴもぎは終了しました! なんとか終わりにたどり着きました。 ただまだ園地での選果も残っており、また収穫した箱の運搬等もあるので、あと数日はバタバタしそうです。 でもまずは穫り終わって一安心です。

最終の園地

快晴です。 収穫をいったん止めていた最終の園地にようやく来ました。 なんとかここまで到達した、という感じです。 あと2日くらいで収穫終了といきたいものです。

ラジオ

機械を使わない農作業中はよくラジオを聞いています。 民放も聞きますがNHKが多いです。 午後は雨で収穫作業がスローペースになりました。

寒さ

朝水たまりに薄氷が張るようになってきました。 きのう午前の雨から空気が一段冷たくなりました。 来週は雪の予報もあり、収穫を急ぎたいものです。

快晴です。

素晴らしい上天気、快晴です。 予報ではだんだん低温が来る見込み、収穫を進めねば。

鷹 出現!?

鷹の模造品です。 りんご食害防止に役立っています。 タカとポールの先と糸でつながっていて風が吹くと タカがゆうゆうと飛び回ります。 するとりんごを食べにきた小鳥たちが逃げ出すというわけです。 ちなみにこのタカは当園の隣の園地のものです。

運搬車

収穫したリンゴの入ったカゴをくばる機械です。

サンふじ

サンふじ収穫中。 午後途中から雨。

サンふじ収穫開始

当園の中心品種のサンふじの収穫スタートです。

11月 りんご収穫スタート

いよいよ晩生種の収穫開始です。 王林の2日目です。 朝降霜がありましたが快晴の上天気です。

晩生種の収穫始まる。

今日王林の初収穫をしました。 2〜3日後から中心品種のサンふじの収穫開始の予定です。

りんごの選果作業、発送作業、そして倉庫の片付け等、 あれこれやっているうちに気がついたらもう12月25日。 あと1週間で年取り、お正月です。 やることがいっぱいあるのに何かまとまりが無いかんじで 過ごしています。

昨日までりんご収穫後の後片付けをしていました。 園地に残していたりんごもようやく家に運び終わりました。 一安心です。 今日は依頼されていたりんごを順次荷造り、発送しました。

サンふじの着色管理中です。 一個ずつ邪魔な葉をとったり、実を少し回したりします。 あとシナノスイートの収穫中です。 仕上がったものから順次獲っています。 写真はシナノスイートの樹です。 だいぶ収穫が進んで着ました。

今日は午後まで雨。気温も低く寒いです。 今日を区切りに夏も終わり、かな。 夕刻樹幹下の草刈をやりました。

平成29年 2017/08/07

ここ数日りんごの2番摘果をやっています。 10日すぎから桃あかつきの収穫が始まる見込みです。

はじまりはじまり~

ブログ始めました!! 産直販売はコチラ → 梅内果樹園 2017.07.26

インフルエンザもなおり、りんごの発送等をやりました。

インフルエンザもなおり、りんごの発送等をやりました。 インフルエンザもなおり、りんごの発送等をやりました。朝、晩は氷点下になり、寒くなってきました。

号外?

号外?なんとインフルエンザにかかってしまいました。娘が数日前に新型にかかり、家族皆でマスク、手洗い、うがいと用心はしていました。ただ自分はやられる訳がないとたかをくくっていましたが、熱も38度を超え、およそ40数年ぶりでかかってしまいました。6…

贈答りんごの荷作りと発送に専心。

贈答りんごの荷作りと発送に専心。 贈答りんごの荷作りと発送に専心。色、形、大きさ、熟度等々、そして総合的に”味”(長年の経験で外側から判断)を最大のポイントに1個1個チェックします。工業製品と違いそれぞれ違いますので、選果には時間がかかります。